地域支援

導入例3 ~地域の集いの場で行うフレイルチェック~

フレイル予防体力測定イベント(Result カラダの勉強会)

全国的にフレイルチェックが本格化しています。重要なことはその結果とともに予防法を知ることです。
Re studioでは、Re community schoolという地域住民向けの健康づくり教室を開催しています。
全国各地で通いの場、集いの場での健康づくりが求められる時代だからこそ、
フレイルチェックも集いの場で行いませんか?

フレイルチェックの測定項目は、握力、5m歩行速度です。あとは簡単な問診をすればお一人5分もかかりません。
測定自体も簡単ですので、地域住民の方が主体となって行うことも可能です。
Result フレイルチェック版では、フレイルのレベルを信号で表します。
青→健常(ロバスト)、黄色→プレフレイル、赤→フレイル
青信号を目指して頑張りましょう!

Resultフレイルチェック版では、測定結果を性別、年齢ごとにスコア化し、スコア別の運動プログラムを出力できます。
運動プログラムはRe studioの理学療法士が監修しています。
結果を知った上で、予防方法を実践できる。
集いの場で求められるフレイル予防にぜひご活用ください。

PAGE TOP